カービングするならオガサカ CTとFCどっちが良い?イントラが乗り比べてみた結果・・・。

5439365053_5310af365d
Pocket

「カービングターン用の板を探していて”オガサカ”が良いって聞いたけど、CTというモデルとFCというモデルはどっちがいいの?」

そんな疑問をかつての私は持っていまして、この度かつての相棒CT156からFC160に乗り換えたんで、その乗り味の違いとどんな人に向いているかを改めて書いてみます。

結論から言うと、「CTかFCで”悩む”くらいのスキルの人はCTが良い」ってことですね。

(photo credit: Snowboarder via photopin (license)

カービング系の板で他に有名なのは、GRAYのデスペラードやBC-STREAMのR-2などがありますね。

どちらにしろ「ハンマーヘッド」という形状の共通点があり、カービング上級者はそういった形状の板を好む傾向にあります。

理由としては「谷まわりのとらえが早い」ということがありますね。

また、多くのハンマーヘッド形状の板には「メタル」という振動吸収材が入っていて、高速域のライディングを安定させてくれるます。(もちろん入ってないのもあります。)

なので、それを「売り」にしている板もありますが、正直「メタル」入り、一般ユーザーには必要ないと思います。

メタル入りが売れる要因は、テク選上位入賞者の人が使っているからでしょう。

ただ、これにはマーケティング的な落とし穴があるんですが、テク選上位くらいのスピードで滑る人には「メタル」が入っている必要があるというだけです。

なので、少なくともテク選の本戦に出場する程度のスキルがあって初めて乗りこなせる板だと思います。

それは、「反発」をどこまで使えるかっていうことに関係してくるんですが、多くの人はただ「速く」滑りたいという理由で、固めの板をチョイスしがちです。

「速く」滑るのと、「キレ」のある滑りは違います。

「キレ」を出すなら、板からの「反発」を適切にもらう必要がありますが、メタル入りのボードだと、単純に硬いので、板をしならせにくいです。(もちろんスキル次第ですが。)

そのため「無駄な荷重」で、無理やり板をしならせようとして、変な癖がついてしまう可能性すらあります。

 

で、ここからが本題なんですが、その「キレ」を出すための「しなり」を体感するのに一番適しているのが、オガサカCTです。(*FCではないです。)

これは実際にCTにもFCにも乗っているから言えますが、断然オガサカCTの方が、板がしなるポジションや反発がわかりやすいです。

オガサカCTの方が「気持ちよく」カービングターンができます。

CTはConfort Turnの略で、直訳すると「快適なターン」となりますが、本当に快適ですね。

1日中楽に滑りたい人や、板の性能を引き出した滑りがしたい人は、オガサカFCよりもCTが向いています。

CTは簡単に板がしなってくれて、ターンの推進力へと変えてくれます。

 

一方でオガサカFCはというと、その形状が「”セミ”ハンマー」であるので、CTよりもターン切り替えの「とらえ」は早いです。

そして、フレックスもCTより硬いので高速でも安定します。

ただ、当然ながら板を「しならせる」のがCTよりも難しいです。

板がしなって、かえってくるポジションとタイミングがCTよりもシビアな印象です。

なので、当然ながらFCを乗るのに向いている人は、ガンガンに攻める人です。

休むということを知らずに、部活並みにカービングを極めたい人はFCが良いと思います。

そうでなかったら、CTの方が色々なコンディション(パウダーでもCTは楽しい)で使えるので、楽しい板です。

 

で、冒頭で「CTかFCで”悩む”くらいのスキルの人はCTが良い」と言った真意ですが、FCを買うくらいの人は「試乗会」に行くか、すでにハンマーヘッドの板を乗っているような「目的意識」のある人たちだからです。

 

もちろん、そういった意識がなくてもFCを乗っても良いですが、乗りこなすことができるか?と言ったら疑問です。

 

なので、カービングターンというものをしたくて、板選びを悩んでるくらいの人だったら、迷わずCTです。

また、これからバッジテスト1級やイントラ検定にチャレンジしようと思っている人も、私はCTをお勧めします

 

理由は、CTの方が「キレ」感を演出しやすいのと、色々なバーン状況に対応しやすいからです。

特に、春先に検定を受ける方もいると思いますが、そんなときにFCのようなハードフレックスの板に乗っていると、板がしなる前に雪にうもれます。

なので、板がしならないです。踏んでも雪に埋もれるだけで、ズルズルの滑りになりやすい。

シャバ雪のときは板をしならせて「キレ」を演出するのが難しいんですね。

いつでもハイシーズンの状態で滑れるわけではないですから。

 

実際に、私はオガサカCTでBイントラからAイントラまですべて一発で合格できた理由は、板のフレックスのおかげだと思っています。

 CTは幅広い層の乗り手を成長させてくれる良い板だと思います。

 

あくまで個人的な意見ですが、何かご質問があればコメント等にてお願いします。

 

 

 

 

オガサカの板の他のレビューも書いています。板選びの参考にしてみてください。

>http://kouzo.jp/snowboardlab/category/ogasaka

 

 

Pocket


たった一年でA級イントラを取った「滑らないで上達する音声」を[無料]でプレゼト

司法試験より難しいと言われるA級イントラに「たった1年」で合格した筆者が、その過程で行った上達方法をまとめた音声を「無料」でプレゼントします。

この音声を聞くと・・・

line

■最短でスノーボードが上達する方法がわかる!

■◯◯を使って超簡単にの基本姿勢を確認する方法がわかる!

■なぜ、リラックスして基本姿勢をとることが大切なのかがわかる!

■後ろ足と前足のアングルの決め方がわかる!

スノーボードを「真面目」に上達したい人、スノーボードの上達に伸び悩みを感じている人は友達追加して音声を聞いてみてください。

 

↓↓↓クリック↓↓↓

line-tuika

*「@ytk5763s」で検索


「無料」のスノーボード上達講座のご案内

オガサカCTでのカービング動画

こんな悩みはありませんか?

●スノーボードがうまくなりたいけど、何から練習したらいいのかわからない。

●カービングターンで「弓矢」のごとく板からの反発をもらったターンがしたい。

●リフトに乗っている人が二度見するくらいカッコイイ滑走フォームを手に入れたい。

●バッジテスト1級に合格したい。

 

司法試験より難しいと言われるA級イントラに「たった1年」で合格した筆者が、「無料」で最短でスノーボードを上達する秘訣をお伝えします。スノーボードを「真面目」に上達したいという方は以下のリンクから登録してください。

*ワンクリックで購読解除できます。

2 件のコメント

  • メルマガの配信をいつも楽しみにしています
    随分と見やすいサイトになりましたね〜只々感謝ですw

    感謝を形に代える訳では無いですが出版された本を購入し応援したいのですが購入方法が出てた回を探せません
    購入方法を教えて頂けませんか

  • 里見さん

    こんにちは。お返事遅くなりすいません。

    お褒めのお言葉ありがとうございます^^

    ありがとうございます。メルマガに登録されているのであれば、僕のコンテンツの案内は配信されているかと思いますが、どうでしょうか。
    (メルマガももう少しブラシュアップしたいとは思っているんですが・・・^^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>