スノーボードのホットワックスで一番使われているメーカーは?

hot
Pocket

 
 
こんばんは。
スノボラボのこうぞうです。
 
 
先日のワックスのアンケートとりましたが、
具体的に一番使われている
ワックスメーカーは
なんだったと思いますか?
 
正解は、、

 

 

  

 

 

 

 

 

 

「ガリウム」

です。
(あっさり言いますw)

もうですね、
これは聞く前から
ある程度はわかっていたこと
かなと思いますが、

改めて、ガリウムのシェアという
ものに驚かされました。

だいたい8割くらいの方は
ガリウムを使っていますね。

2位がドミネーター

3位がマツモトワックス

という感じです。

ほぼガリウムがホットワックス市場を
独占している感じです。

ただ、前回の音声でも
言いましたが
(聞いてない方はコチラ→http://bit.ly/2Sg1Q0b
ガリウムをはじめとする
パラフィン系のホットワックスは
ホットワックスの回数が
かなり多く必要なんですよね。

ガリウムのHPをみると、
シーズン前に行う
ベースワックでは
ピンク、紫、ブルーの色を
「それぞれ10回以上」
ホットワックスすることを
推奨しています。。。

3種類のワックスを
10回以上なんで、
合計30回以上も
シーズン前にホットワックス
しないといけないとなると、
サンデーボーダーにとっては
かなり大変な作業です。

僕自身も30回とは言わないまでも
5回ずつくらい計15回ほど
ベースのホットワックスを
やったことありますが、
それが終わっただけで、
かなりの満足感と
それに伴う疲労感を
味わったことを覚えていますw

本来はその体力はシーズン中に
残しておきたいものですよね。

そんな、シーズン前に30回以上の
ホットワックスの施工を推奨している
ガリウムの「パラフィン系」ワックスですが、
シーズン前は「たった1回」だけの
ホットワクスで驚くほど
滑るワックスもあります。

「たった1回のホットワックスでそんなに滑るはずないでしょ〜」

と思うかもですが、
原理を理解して、
実際に使ってみると
「なるほど〜」
と納得するものがありました。

それが

「ポリエチレン系のホットワックス」

です。

従来の、滑走面にワックスを浸透させる
「パラフィン系」のホットワックスと違い、

滑走面に浸透させる必要ないホットワックスが
「ポリエチレン系」のホットワックスです。

浸透させないので、ホットワックスを
何回もやる必要がないんですよね。

それなのに、板が走ること走ること。
 
 
具体的な話は
またお伝えしますので、
お楽しみ。

それまでは前回の音声で
従来のパラフィン系ホットワックスの
原理とその使い方について
確認しておいてください。

http://bit.ly/2Sg1Q0b

この音声ではこんなこと言ってます。

・なぜ、ワックスが必要なの?
・ホットワックスが浸みこむ原理って?
・簡易ワックスはどれくらい滑るの?
・ホットワックスは何回したらいいの?
・ぶっちゃけ滑走ワックスはいる?
 
ホットワックスの基本的なお話なので、
必ず聞いといてください。

では、また。

Pocket


たった一年でA級イントラを取った「滑らないで上達する音声」を[無料]でプレゼト

司法試験より難しいと言われるA級イントラに「たった1年」で合格した筆者が、その過程で行った上達方法をまとめた音声を「無料」でプレゼントします。

この音声を聞くと・・・

line

■最短でスノーボードが上達する方法がわかる!

■◯◯を使って超簡単にの基本姿勢を確認する方法がわかる!

■なぜ、リラックスして基本姿勢をとることが大切なのかがわかる!

■後ろ足と前足のアングルの決め方がわかる!

スノーボードを「真面目」に上達したい人、スノーボードの上達に伸び悩みを感じている人は友達追加して音声を聞いてみてください。

 

↓↓↓クリック↓↓↓

line-tuika

*「@ytk5763s」で検索


「無料」のスノーボード上達講座のご案内

オガサカCTでのカービング動画

こんな悩みはありませんか?

●スノーボードがうまくなりたいけど、何から練習したらいいのかわからない。

●カービングターンで「弓矢」のごとく板からの反発をもらったターンがしたい。

●リフトに乗っている人が二度見するくらいカッコイイ滑走フォームを手に入れたい。

●バッジテスト1級に合格したい。

 

司法試験より難しいと言われるA級イントラに「たった1年」で合格した筆者が、「無料」で最短でスノーボードを上達する秘訣をお伝えします。スノーボードを「真面目」に上達したいという方は以下のリンクから登録してください。

*ワンクリックで購読解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>