「お茶会」って何?お茶会やめれば稼げるのに、、って話。

e7ee3fe5f4cdd2bc2ca393539218daac_s

「私、稼ぎたいんです。お茶会でも人は来てくれるんです。でも、もっと稼ぎたくて・・・」

あなた、それはお茶会やめれば稼げますよ。

はっきりいって「お茶会」という「ぼんやり」した企画だから稼げないんです。

お茶会を企画する人は、ゆる~く集客して、ゆる~くセッション的なことをしたいのだと思いますが、

「お茶会」にしてるから単価が上がらないんですよね。

ということで、今回は「お茶会」をバッサリきります。(笑)

お茶会って何?

お茶会に興味がないので、ざっくりとした情報で申し訳ないのですが、

お茶会とは、おしゃれなカフェに集まってお話をする会のようです。

話をする内容は、人生相談の簡易版と考えればいいと思います。

主催する人に対して、参加者が相談する形式だったり、

隣に座っている人たちとおしゃべりをしたりするようです。

 

会費は主催者によってまちまちで3千円から1万円の間が相場のようです。

 

お茶会のメリット・デメリット

 

趣味でお茶会をするようなら何も言いませんが、

ちゃんとビジネスとして稼ぎたいというのであれば、

脱・お茶会

をすべきですね。

 

一応お茶会のメリットを言うとは、気軽なところですかね。

気軽に参加できて、主催者とも気軽に話せる感じでしょうか。

その距離感がいいかもしれませんね。

 

しかし、だったら「気軽なグループセッション」でいいんじゃない?!

 

と僕は思っていますし、

クライアントの方にはそのようにアドバイスします。

 

お茶会のデメリットは、

金額を上げられないってことですね。

お茶会に2万や3万を払ってくる人はいません。

 

たとえば、「ランチ」と言えば

だいたい高くても千円くらいかな~

というイメージがありますよね?

ランチに1万円は払えない~

というのが一般的な感覚ではないでしょうか。

 

でも、「ディナー」と聞いたらどうですか?

「ディナー」と聞いて千円で食べれると思う人はいないでしょう。

「ディナー」だったらちょっと豪華に1万円いっちゃう・・?

という気にもなるでしょう。

 

内容は同じようでも、「フレーズ」によってその価値(価格)を

勝手に想像するというのが私たちの脳みそのシステムです。

 

「お茶会」と「グループセッション」も同じです。

 

お茶会はせいぜい高くて1万円。

グループセッションはその10倍の10万円でも受ける人がいます。

だから、お茶会をやっている人はいくらやっても稼げないんですよね。

お客さんの単価を上げることができないから、

収入は頭打ちになります。

 

稼ぐ金額を増やすためにやることは、たったの3種類だけ

 

稼ぐ金額を増やす方法はシンプルに言うとたったの3種類しかありません。

 

  1. 新規顧客を増やす
  2. 販売回数を増やす
  3. 客単価をあげる

 

例えば、

 

  • LINE@の新規フォロワー数:100名/月
  • お茶会を開く回数:1回/月
  • フォロワー1人当たりの単価:1000円

 

これだと、月の売り上げは10万円です。

ここから「楽に」売り上げを増やすには、どうしたらいいか?

 

  1. 新規顧客を増やす
  2. 販売回数を増やす
  3. 客単価をあげる

 

これのどれかをすればいいわけですよね。

 

  • LINE@のフォロワー数を増やすか
  • お茶会を月に2回開くか
  • お客さんの単価(ようはお茶会の値段)を上げるか

 

この中で、一番楽なのはお客さんの単価を上げることです。

だって値段を上げればいいだけなので。(笑)

 

つまり、お茶会の値段を上げればいというだけです。

 

LINE@のフォロワー数は、ブログの構成やブログタイトル、コールトゥーアクションの設置方法など「整備」が必要です。

なので、すぐに効果は出にくいです。

 

では、お茶会を1回から2回にするか?

 

お休みの日程など、物理的に開催が厳しい人もいるでしょうし、

何より、あなたの働く時間が増えます

働くのが好きな人はそれでいいですが、

そうするとあなたの自由な時間も減るということを意識しましょう。

 

「お茶会」を「グループセッション」にすれば「単価」があがる

 

働く時間を変えずに、稼ぐ金額を増やすには値段をあげればいい。

しかし、「お茶会」には限度があります。

なので、「お茶会」を「グループセッション」として募集するだけです。(まじで)

やることはほぼ変わりません。

 

場所もカフェでやりたいのなら、カフェでやればいいし

(ただし、個室がいいですよね)

少しかっちりした環境でやりたいのであれば、

会議室を予約してそこでやればいいだけです。

 

どうしてもお茶会みたいな「わいわい」感が欲しいという人は

グループセッション後に「懇親会」をすればいいでしょう。

 

懇親会も会費は別で、だいたい4千円~5千円くらいもらえばじゅうぶんでしょう。

あなたはグループセッションでたんまり稼いでいるので、

懇親会費で儲けを考える必要はないです。

 

グループセッション後に懇親会をするようにしたら

客単価をあげたまま、あなたの希望にそうことができます。

 

「値段を上げるとお客さん減りませんか?」

 

ここまで来て、納得してない人もいるかもしれません。

 

「値上げするとお客さんは減りませんか?」

 

こんな風に思ってる人もいるかもしれませんが、

一概に値段を上げたからお客さんが減るとは言えません。

 

問題は、

どうやって「価値」を付けるかです。

 

セールスレターと言われる「募集文」の書き方で

お客さんに伝わる価値が変わります。

 

来る人にフォーカスをあてて

その人がどんな未来になれるのか

を丁寧に書いていったらいいだけです。

 

難しく考えすぎなんですよね。

シンプルに。シンプルに。

 

ただ、基本的には値上げしたら

お客さんは減るでしょうね。笑

値上げしても今までとまったく客数が変わらないってことはないです。

 

多少は、減ります。笑

 

ただ、クライアントが減っても値段が上がってるので

仮に同じ売上額でもあなたの負担は格段に減ります

 

たとえば、

 

「お茶会」で、一人あたり5000円で5名集めたとします。

そうすると、売上げは25000円ですよね。

 

5人で25000円です。

 

じゃぁ、「グループセッション」を一人あたり12500円で2人集めたとします。

そうすると25000円ですよね。

 

2名で25000円です。

 

 2名と5名だとあなたの負担もまったく違うのは想像できると思います。

 

価格を上げるだけで、

あなたの身体的負担は減るのに

売上は同じか、それ以上になります。

 

だったら価格を上げるしかないと思うという話です。

 

まとめ

稼ぎたいと思っている人は今すぐ「お茶会」をやめて「グループセッション」にしましょう。

そしてお茶会のワイワイ感を出したいのであれば、グループセッション後の「懇親会」でやるうようにしましょう。

それで、お客さん一人あたりの単価をあげましょう。

それだけで稼げますって話でした。

 

 

 

 

 

こうぞう公式LINE@のご案内

自分の人生を自分でデザインする力を身につけるため方法をLINE@で発行しています。白いキャンパスに、自分の好きな色で、好きなようにデザインするように、自分の人生もデザインしたい。そういう人向けに書いてます。無料なんで、よかったら。

こうぞう公式LINE@はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40dek3545z

ID検索 : @dek3545z(@を忘れずに

 

関連記事